喘息

猫の喘息の症状は?

喘息はアレルギー性の呼吸器疾患で、これといった原因もなく突然吐くような姿勢になって、ゲーゲー、ヒーヒー、ゼーゼーといった音を立てて呼吸をした場合は、喘息の疑いがあります。
見た目は嘔吐をしているようなので、何か悪いものを食べたのか?と驚く飼い主さんが多いのですが、これは嘔吐ではなく、喘息による発作です。

喘息は何らかのアレルギー反応を起こして、呼吸困難に陥っている状態で、ひどい場合は体が酸素不足を起こして舌や唇などが紫色になるチアノーゼの症状が見られる場合もあります。
突然の発作に飼い主は驚くのですが、発作が鎮まるといつもと同じ元気な状態になるのが特徴です。

猫の喘息はシャム猫が発症するケースが多いとされますが、日本猫にもみられますし、アレルギー性疾患ですからどの猫も発症リスクがあるといえます。

喘息の治療法は?

喘息の治療は、すぐには終わらないことを覚悟しておきましょう。
というのも治療を止めてしまうと、再発するケースが多いからです。
ですから治療を続けることが大切です。

治療では主にステロイド剤や、気管支拡張剤を処方して発作の症状を抑えます。
血管を拡張するエピネフリンという薬が使われるケースもあります。
また重篤な発作では酸素吸入、薬を吸引するエアゾール療法、鎮痛剤などが使用されることもめずらしくありません。

喘息は、予防が何よりも大切

喘息は、アレルギー反応によっておこる病気です。
ですからアレルギーの素となるものを排除して予防することが大切になります。

寝床に使っているタオルなどは小まめに洗濯する、掃除もていねいに行ってハウスダストを除去する、花粉などを除去するために空気清浄機を使う、エアコンなどのフィルターをまめに交換しましょう。
カビを発生させないように除湿機を使ったり、部屋の換気をよくする、ダニの発生源となりやすい布団やじゅうたんは特に念入りに掃除をする、猫にストレスをためさせないことも大切です。
また、定期的にシャンプーやブラッシングをして、肌を清潔にするよう心がけましょう。
そして定期的に健康診断を受けて、猫の健康状態を常に把握しておくことも重要です。

アレルギー源が何かをつきとめるために、レントゲン撮影、血液検査、気管洗浄などの検査が行われるのが一般的です。
その後は様子を見ながら、長期的な治療が続けられます。
発作を起こしていないときは元気なので、途中で治療を止めてしまう飼い主さんもいますが、治療を止めると喘息が再発します。発作を起こすと、とても苦しみますし、放っておくと死に至ることも少なくありません。
ふだんから猫ちゃんの様子をよく観察し、アレルギーをよせつけないよう注意深く見守ってあげましょう。