フィラリア症

フィラリア症の症状とは?

フィラリア症は、フィラリアという寄生虫が原因の病気です。
フィラリア症にかかった犬の血を吸った蚊が、猫の血を吸うとフィラリアの幼虫が体内に入り、それが体内で成長し、肺動脈や心臓などに寄生してフィラリア症を発症します。
フィラリアと聞くと「犬の病気」とのイメージがありますが、猫がかかる事もあり、重症の場合は死亡するケースもある怖い病気です。

フィラリアが猫に寄生しても3、4か月経過しないと症状が現れないのが一般的です。
また症状がまったく現れず、寄生されていることを知らないうちに突然死に到るケースもあります。

主な症状としてはせきが出る、息切れがする、吐き気がする、ぐったりする、食欲がなくなる、体重が著しく減少するなど。
フィラリアは細い糸状の寄生虫なので、これが肺や心臓に寄生すると呼吸ができなくなったり、心臓が停止したりして死に至ります。
猫が苦しまないように十分に気をつけてあげたいですね。

フィラリア症の治療法は?

フィラリア症の治療では、体内に寄生しているフィラリアを駆除するための治療と、現在発症している症状を緩和させる治療に分かれます。

フィラリアの駆除では虫下しを飲む薬物療法や、外科手術によってフィラリアを取り除く治療法があります。
しかし虫下しは強い副作用の可能性があり、場合によってはアナフィラキシーショックで死亡してしまう事もあるので、手術でフィラリアを取り除く方法が採られるケースが多くみられます。
手術も非常に危険な治療法なので、フィラリアが大静脈に寄生して命に関わるといった場合に行われるのが一般的です。
つまりフィラリア症になると、命にかかわるということなのです。

このためフィラリアの駆除よりも、現在発症している症状を抑えるための治療が行われます。
炎症を抑えるための薬や、咳を緩和させるための気管支拡張剤などが使われます。

フィラリア症は予防が何よりも大切

このように、フィラリア症は確実に治るという治療法がまだ見つかっていません。
また治療そのものが、猫に大きな負担をかけます。
ですからフィラリア症を発生させないための予防が、何よりも大切です。

外出を一切しない室内飼いの猫でも、フィラリア症を発症するケースはめずらしくありません。
高温多湿で蚊が発生する日本の場合、しっかりと予防する必要があります。

蚊が発生する5月~11月頃に月1回、予防薬を毎月投与することで、幼虫が成虫に成長する前に確実に駆除できるので効果的です。
フィラリア感染を防ぐために、予防薬について獣医さんに相談しましょう。
フィラリア症の予防薬には、猫の首筋に液剤を落とすスポットタイプの薬や、飲み薬があります。