日光皮膚炎

日光皮膚炎の症状は?

日光皮膚炎とは紫外線の刺激で皮膚に炎症などが起こる病気です。
耳の先に発症しやすく、日焼けで皮膚が赤くなり、その後皮膚が腫れてきます。
その部分の毛が抜け、かさぶたができるなどの症状が主なものです。
耳だけでなくまぶたや唇などに症状が現れることもあります。
重症の場合は皮膚がただれたり、皮膚から血が出たりするので注意が必要です。
また皮膚がんの原因にもなります。
特に中高年期以降になると、長年に亘って日光を浴び続けることになりますから、がんの発症リスクが高くなります。

毛が白など毛の色が薄い猫が発症しやすいので特に注意しましょう。
このほか目の色が青い猫や、白黒のぶちなど毛に白い部分がある猫も毛が白い部分に発症しやすいので要注意です。
また、先天的に紫外線に弱い猫もいるため、遺伝的な要素もあります。色素が薄い猫の場合、紫外線を浴びてもメラニンが作られないため、肌を守ることができません。このため日に当たると、炎症を起こしやすいのです。

日光皮膚炎の治療法は?

日光皮膚炎の治療は、何よりも紫外線を浴びないことが大切です。
外出をさせない、日当たりの良い窓辺などで寝かせず、室内でも日光が入らないところで生活させます。
またUVカット効果のある窓ガラスに替えるという方法もあります。

炎症がひどい場合は、炎症を抑える薬が処方されます。
皮膚から出血していたり、潰瘍化している場合は感染症予防のために抗生物質が投与されることもあります。
がんを発症している場合は、がんを切除する外科手術も必要です。

日光皮膚炎の予防法は?

日光皮膚炎の予防は、何よりも紫外線に当たらないようにすること。
つまり日の光に当たらないように注意することです。
特に毛の色の薄い猫は注意が必要です。
紫外線の強い春から秋にかけて、また10時から午後の3時までは紫外線が強いですから、極力日の光を浴びないように注意してあげましょう。

室内で飼っていておでかけをしない猫も、窓から日が差し込んできます。
できればUVカット効果のある窓ガラスに交換する、紫外線の強い時間帯や季節はなるべく日の当たらない場所にいさせるなどの工夫が必要です。
外出時には刺激の弱いUVカットクリームを耳などに塗ってあげるのも効果的ですが、毛づくろいなどでクリームが取れやすいので注意しましょう。

日光皮膚炎になると、外出や日なたぼっこができなくなるので、猫にとってはかなりのストレスとなります。
また日に当たらないとビタミンDが不足して、体調を壊しやすくなるので、その点も注意したいですね。
獣医さんにどの程度なら日に当てても大丈夫なのか訪ねて、様子を見ながら治療を進めていきましょう。